AutoHotKeyとiMacrosで相互に呼び出す方法

前回紹介したAutoHotKeyはPC上の操作をおおよそ再現できますが、ウェブブラウザ上での操作を自動化するのはあまり得意ではありません。

逆にiMacrosは主にウェブ上の操作しか記録できないので、お互いに呼び出せればかなり自動化の幅が広がります。

そこで、AutoHotKeyとiMacrosでお互いに呼び出す方法を紹介します。


スポンサーリンク

AutoHotKeyからiMacrosを呼び出す

AutoHotKeyからiMacrosを呼び出すには、以下のように書きます。

Run,"C:\Program Files\Mozilla Firefox\firefox.exe" -no-remote -p "プロファイル名" imacros://run/?m=実行ファイル名

私の環境では”ProfileSwitcher”というアドオンで複数のプロファイルを管理していますが、特に使用していないかたはプロファイル名は”default”でいいと思います。

実行ファイル名の部分は、こちらの記事で紹介したCMG.jsの場合

imacros://run/?m=CMG/CMG.js

となります。もちろんiimファイルも指定できます。

iMacrosからAutoHotKeyを呼び出す

iMacrosの操作が終了したらAutoHotKeyを呼び出したい場合などもあると思います。

その場合は以下のように記述します。

 var exes;
    exes=Components.classes["@mozilla.org/file/local;1"].createInstance(Components.interfaces.nsILocalFile);
    exes.initWithPath("フォルダのパス/フォルダ名.ahk");
    exes.launch(); 

これはiimファイルではなく、jsファイルに記述して実行しましょう。

さいごに

相互に呼び出せればできることの幅がかなり広がるのでぜひ参考にしてみてください。

 

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です