エクスカリバーコインがICOの実施を予定!えくすこ法務部「違法性は見当たらない」

エクスカリバーコインがICOの実施を予定!えくすこ法務部「違法性は見当たらない」

以前、創作者を支援する国産トークン「エクスカリバーコイン」を紹介しました。

今回はその”えくすこ”のICOについてです。

【えくすこ】クリエイターとファンを繋げる国産仮想通貨「ExcaliburCoin」を紹介!


スポンサーリンク

えくすこがICOの実施を発表

えくすこはNANJコインと同様に1sat上場方式をとる予定でしたが、先日運営から1sat上場方式をやめてプレセール(要するにICO)を行うとの報告がありました。

しかし、CoinExchangeに上場する準備はすでにできており、プレセールの後に上場する予定のようです。

計画を変更した背景には、予定価格で売り出すことができなかったVIPSの上場があるようです。

運営の報告

ICO

ICO

「ICOの8割は詐欺」と言われるほどに、ICOは投機家にとってアンタッチャブルなものですが、えくすこの法務部は違法性はないと見ているようです。

そもそものICOの問題点は、資金を集めたあとに逃亡する可能性がある点です。ですが、えくすこに関してはコインの開発も終わり、上場の予定もあります。その心配は小さいでしょう。

あとは売り逃げされる可能性です。えくすこは発行枚数が1兆枚とかなり多いですが、運営保有分は開発費と広報費も含め7%ほどで、プレセールの3%を除いた全体の90%(クリエイター支援費)はロックアップすることを宣言しています。

枚数が多すぎるのが気がかりですが、ロックアップが実施されるとなれば、売り逃げで相場が崩れることも心配ないでしょう。

上場直前の段階でのプレセールなので、開発費をあつめる海外のICOとは本質的に異なります。オープンセールとほとんど同じと捉えることもできます。

さいごに

個人的にはそこまでして1satで売り出さなくても、VIPSのように需要にあった価値がついたほうが市場的に健全なような気もします。

2satで売れれば運営的にも嬉しいはずですが。。なんというか日本人らしさを感じます。


スポンサーリンク

Crypto Coinカテゴリの最新記事