エクスカリバーコインのICO受付が終了!100億枚が売れ残る結果に

こちらの記事で紹介したエクスカリバーコイン(通称えくすこ)のICOですが、5/20の20:59をもって受付が終了しました。


スポンサーリンク

 

えくすこのICO結果

ICO結果

最終結果としては購入リクエストが466人、販売数は201.59BTCだったみたいです。

一人当たりの平均購入額は0.43BTCということになります。

売れ残りは上場後1satで売り出し

ICOでの売れ残りはCoinExchangeに上場した際に1satで売り出すようです。

ICOで売れ残った通貨」というのは正直かなり印象が悪いので上場しても価格が上がらない可能性は高まります。

つまり取引所で売り出したときに、値が上がらず1satでも売れなくて電子ゴミに化す可能性があります。

それもあってDiscordではバーンやロックアップを求める声がかなりあるように見受けられます。

 

運営のコメントを見ると1satで買いたい人には買わせてあげるけど、値段が上がる保証はないよ。ということです。

大半の人はお金を増やせればOKという考えだと思うので、その人達からすれば運営の姿勢にはちょっと疑問が残るでしょう。

実際の入金はまだされていないので、購入を辞めるひとも一定数いそうです。

 

バーンしないなら最初から上場して、売り出しMOONで成功のイメージを作ったほうがよかったのではという気もします。

まあ、今までの国産通貨の上場を見れば上場直後は結局上がるような気もしますが。

 

6/4追記 実際に入金されたのは140BTCくらいだったようです。結果、160億枚が売れ残りました。

さいごに

NANJの後追い通貨としては初のICOでしたが、200BTCくらいは集まることが分かりましたね。

えくすことしては残念な結果かなと思いますが、実験としては十分な結果でした。


スポンサーリンク

↓コンセプトがほとんど同じ国産通貨「奏コイン」にも期待です。

モノづくりを応援する国産トークンKanadeCoin(奏コイン)を紹介!

 

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です