漫画家を応援する国産コイン「マンガコイン」を紹介!

漫画家を応援する国産コイン「マンガコイン」を紹介!

今回は国産仮想通貨の「Manga Coin(マンガコイン)」を紹介します。


スポンサーリンク

マンガコインとは

マンガコイン

マンガコインはERC20仕様のイーサイリウムトークンです。

コントラクトアドレス:0x013Cb1A40Bd16dE0eebe51C44695F6D29BB14081

総発行数は500億枚。運営が10%。開発費が30%、マーケティング費が40%です。

ホワイトペーパーはDiscordの「はじめに」という部屋から見ることができます。

上場方法

MangaCoinは「1sat上場方式(NANJ方式)」ではありません。

WPによると、売却価格を公表せずに上場時に売却を行う予定のようです。

売れ残りはBURNではなく、2年間のロックアップになります。

クラウドマンギング

マンガコインのメインプロジェクトが「クラウドマンギング」というものです。

基本的にクラウドファンディングと同じ仕組みです。

  1. 漫画家が漫画の構想を公開して、目標額を設定します。
  2. 読みたいと思った読者が漫画家に寄付します。
  3. 目標額を達成したら漫画家が漫画を公開。

なお、目標額に達成しなかった場合は寄付ということになるみたいです。

これだと寄付しづらいので、達成しなかったら返還の方がいいような気もしますね。

さいごに

マンガコインもそうですけど、創作系のコインって本当たくさんありますね。

どのコインが生き残るんでしょうか。それとも全滅か。

Discord

Twitter

Crypto Coinカテゴリの最新記事