2captchaを使ってMoon系Faucetを自動化してみる

2captchaを使ってMoon系Faucetを自動化してみる

こちらの記事で紹介した放置するだけもらえる分が増えるMoonBitcoinなどのMoon系Faucetですが、数satohiのために毎日アクセスするのはモチベ的にも難しいと思います。

そこで今回は2Catpchaというサービスを使って、Moon系Faucetを自動化していきます。

例としてMoonBitcoinを自動化しますが、ほぼ同じように他のMoon系も行えます。

少々面倒な作業ですが、やる価値は十分にあると思います。というのもMoon系Faucetはデイリーボーナスというものがあり、連続でログインし続けると1日1%ずつボーナスが増えていきます(最大100%)。100日で100%、つまり2倍の報酬をもらえるようになります。

このデイリーボーナスですが、一日でも忘れてしまうと0%になってしまいます。自動化して毎日欠かさず受け取りをしましょう


スポンサーリンク

2Captchaに登録する

2Captchaは簡単にいうと、送ったキャプチャを解いてもらい、答えを送ってもらうというサービスです。

ワーカーとしてキャプチャを解く仕事をして稼ぐこともできますが、非常に稼ぎは悪いです。正直こんなの誰がやってるのかわかりませんが、キャプチャを解いてもらえるならなんでもいいです。

2Captcha

サイトはおしゃれでいい感じです。アクセスしたら右上のRegisterより登録に進みます。

登録にはeメールアドレスが必要です。

資金を追加する

登録できたら右上の下矢印よりCustomerを選択、Add fundsより資金を追加します。

支払い方法は上2つのクレカまたはビットコインがおすすめです。というかそれ以外はよくわかりません。

最初は10USDくらい入れておきましょう。

Balanceが追加されていたら完了です。

APIKEYをコピーする

ダッシュボード下部のAcount Settingsの部分に自分のAPI KEYがあります。これをコピーしておきましょう。


スポンサーリンク

MoonBitcoinを自動化してみる

SET !EXTRACT_TEST_POPUP NO
SET !ERRORIGNORE YES
URL GOTO=http://moonbit.co.in/
FRAME F=0
TAG POS=1 TYPE=INPUT:BUTTON FORM=ID:dd2eGG26 ATTR=ID:SubmitButton
TAG POS=1 TYPE=A ATTR=TXT:SwitchtoSolveMediacaptcha
WAIT SECONDS=2
TAG POS=1 TYPE=DIV ATTR=ID:SolveMediaPanel
WAIT SECONDS=5
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ID:adcopy-puzzle-image-image EXTRACT=ALT

例によってimacrosで自動化します。SolveMediaのAlt属性を取得してjsに渡し、正しくキャプチ画像が表示されているかチェックします。これはたまに再生マークが現れるタイプのキャプチャが出るため、その場合に最初からやり直すためです。

function MoonBitcoin(){
    iimPlay("Faucet/Moon/MoonBitcoin-check")
    try{
        var alt = iimGetLastExtract(1)
        if ( alt.match(/Puzzle/)) {
            iimPlay("Faucet/Moon/MoonBitcoin")
        }else{
            MoonBitcoin()
        }
    }catch(e){
        MoonBitcoin()
    }
}

jsは初心者なので無駄の多いコードかもしれませんが、とりあえずこれで動いてます。

SET !EXTRACT_TEST_POPUP NO
SET !ERRORIGNORE YES

FRAME F=0

TAG POS=1 TYPE=DIV ATTR=ID:SolveMediaPanel
FILEDELETE NAME=C:\temp\captcha.png ←tempファイルがない場合は作る
ONDOWNLOAD FOLDER=C:\temp\ FILE=captcha.png WAIT=YES
WAIT SECONDS=5
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ID:adcopy-puzzle-image-image CONTENT=EVENT:SAVE_ELEMENT_SCREENSHOT
FRAME F=0
TAB OPEN
TAB T=2

URL GOTO=http://imacros2.2captcha.com/

TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=ACTION:getcapcha.php ATTR=TYPE:text&&VALUE:&&NAME:key&&SIZE:64 CONTENT=自分のAPIKEY
TAG POS=1 TYPE=INPUT:FILE FORM=ACTION:getcapcha.php ATTR=TYPE:file&&SIZE:20&&NAME:file CONTENT=C:\temp\captcha.png
WAIT SECONDS=0.5
TAG POS=1 TYPE=INPUT:SUBMIT FORM=ACTION:getcapcha.php ATTR=TYPE:submit&&VALUE:recognize
WAIT SECONDS=5
SET !EXTRACT NULL
WAIT SECONDS=4
TAG POS=1 TYPE=* ATTR=TXT:* EXTRACT=TXT
WAIT SECONDS=2


TAB CLOSE
TAB T=1
WAIT SECONDS=1
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT ATTR=ID:adcopy_response CONTENT={{!EXTRACT}}
WAIT SECONDS=1
TAG POS=1 TYPE=INPUT:SUBMIT FORM=ID:dd2eGG26 ATTR=ID:KhhNjjMMMNs3
WAIT SECONDS=1

キャプチャ画像が表示されていた場合は、一度ローカルに画像を保存し2captchaにアップロードして解いてもらい、その答えを取得します。

Waitは余裕をもって多めにとってます。キャプチャを解くにはお金がかかるので慎重に行きましょう。

また、2captchaでキャプチャを解くには1000回あたり0.93ドル(2018/2/22現在)かかります。

現在のレートでは8.9satoshi分です。つまり自動化する場合、一回につき8.9satoshi以上獲得しなければ赤字になります。

MoonBitcoinでレートを確認できるので、黒字になるくらいの間隔をあけてマクロを実行させましょう。

デイリーボーナスが100%になるまでは一日一回でもいいと思います。

さいごに

2captchaはうまく使えばFaucet以外にもいろいろな作業を自動化できると思います。

とりあえずこの記事がMoonBItcoinの自動化をする場合の参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

Faucetカテゴリの最新記事