どこからでもPCを操作できる「Chromeリモートデスクトップ」は本当に便利

どこからでもPCを操作できる「Chromeリモートデスクトップ」は本当に便利

今回はPCを遠隔操作するのに便利な「Chromeリモートデスクトップ」を紹介します。

出先で家のPCにしかないファイルを確認したいときや、ノートPCでは難しい高負荷の処理を家のデスクトップPCから行うなど、かなり便利です。


スポンサーリンク

Chromeリモートデスクトップとは

remote

ChromeリモートデスクトップはPCやスマホからPCをリモートで操作できるChromeアプリです。

スマホ→PC、タブレット→PC、PC→PCのいずれかであれば遠隔操作が可能になります。PCからスマホやタブレットを操作することはできません。

十分な通信速度さえあればリアルタイムで操作できるので、遅延などによるストレスもありません。

セットアップ&使い方

ホストPCの設定

まずは家にある方のPC(ホストPC)でGoogleChromeを開いて、拡張機能を追加します。

Chrome リモート デスクトップ

追加したら、”アプリを起動”をクリックしてChromeリモートデスクトップを起動します。

下部のマイコンピュータの”利用を開始”を選択しましょう。

remote

リモート接続を有効にするをクリック。

するとホストインストーラのインストールを促されるので同意してインストールを選びます。

ダウンロードされたファイルを実行してイントールを行います。

インストールできたら再びChromeリモートデスクトップに戻ります。PINの設定画面になるので、6桁以上で設定しましょう。忘れると少々面倒なので、しっかり管理しておきましょう。

ここまででホストPCでの設定は完了です。

クライアントPCから遠隔操作する

先ほどと同じ手順で拡張機能を追加。アプリを立ち上げます。

マイコンピュータの欄に先ほどのホストPCの名前があるので、クリックするとPINの入力を求められます。

設定したPINを入力すると接続されます。

スマホから遠隔操作する

スマホのアプリからでもPINを入力すれば操作できるようになります。

ios

Android

Googleアカウントでログインして、PCを選択後PINを入力するだけで接続できます。

さいごに

かなり便利なのでおすすめです。

自分には必要ないかなと思っても、意外と役立つ場面があると思うので設定だけは行っておくことをお勧めします。


スポンサーリンク

 

 

 

Internetカテゴリの最新記事